上手に腎不全治療と付き合うには

腎不全とは腎臓機能が、正常な人のそれと比べて30%を下回る程度にまで落ち込んだ状態のことを指します。
高血圧や糖尿病など、発症には複数の因子が考えられます。
腎不全治療は慢性のものと急性のもので若干方法が異なりますが、
基本的には医療センターなどで人工透析を行い、
尿毒症などの併発疾病を抑えなければなりません。
また症状がひどい場合には腎移植が必要となる場合もあるのです。
以上のように腎不全に陥った場合は、定期的に通院しなければならないので、
子育てをしている母親などが患者になると、大きな負担となってしまいます。
社会保障制度がより充実しているフランスやスウェーデンなどの欧州各国に比べ、
日本ではこのようなケースで国や自治体から支給される補助金が少ないという問題点があります。